地域生活支援センター「える」

地域での生活を様々なサービスで
サポートしています

  • 居宅介護
  • 短期入所事業
  • 放課後等デイサービス事業
  • 日中一時支援事業
  • 移動支援事業
  • タイムケアサービス

わたしたちの特徴

地域で暮らす方たちへ通所、訪問と様々なサービスで支援しています

ヘルパーとしてご自宅へ訪問しての生活の支援や、週末などの余暇として利用者と一緒に外出をすることもあります。また、日中やお泊り含めてのお預かりも行っています。
未就学から成人まで幅広い方たちが利用しており、利用者とそのご家族へ対して様々なサービスを提供することで地域での生活を支援しています。

グループ療育で子どもの育ち、遊び、余暇、社会性などの支援

放課後等デイサービス事業では、利用児に合わせたクラス編成を行っています。普通級に通う子が中心のクラスから、特別支援学校に通う子たちのクラスまで幅広い利用児がおり、7つのクラスにて実施しています。
子ども同士の関わりや、遊び方、過ごし方を大事にクラス編成し、グループでの療育を提供しています。

事業について

居宅介護

対象者

在宅で暮らす学齢期~成人の方まで

定員

なし

事業内容

身体介護・家事援助・行動援護・重度訪問介護

1日の流れ

ご利用される方の生活に合わせて、朝の身支度から通園までのお手伝いや、夕方から夜にかけて、食事や入浴などの支援を行っています。また行動援護などのサービスではお出かけをすることもあり、利用される方の好きな場所や、運動の為に散歩やプールなど、行先も様々です。

利用までの流れ

サービスのご利用にあたっては受給者証が必要となります。受給者証については、お住いの自治体の障害福祉課へお申し込みください。
現在新規の方のご利用は時間帯などによっては難しい場合がありますので、ご了承ください。

放課後等デイサービス事業

対象者

小学校~高校生

定員

10名

利用期間

1年ごとにクラス編成

事業内容

月曜日~金曜日と第1.3土曜日と第2.4土曜日クラスの全7クラスにて実施しています。利用児の過ごし方や遊び、他者との関わりや発達、集団としてのねらいなどを大事にしてクラス編成を行っています。

1日の流れ(放課後)

14:00
~16:00
登園
15:00までに登園の児童へはおやつ
自由遊び(設定場面での遊び、宿題のお手伝い、余暇など)
設定活動(製作、ゲーム遊び、運動遊び、音楽活動、調理、外出など)
17:30
降園

1日の流れ(学校休校日)

10:00
登園
 
設定活動・自由遊び
12:00
昼食
 
設定活動・自由遊び
17:00
降園

※プログラムの量、時間、内容はグループによって異なります。

利用までの流れ

ご利用にあたっては通所受給者証が必要になります。
クラスごとの登録制となっています。現在全クラス定員となっていますので、ご利用希望の方は待機登録をして頂いております。利用希望の児童とマッチングが予想されるグループに空きがあった際に、利用児の聞き取りなどの面談を通して受け入れの判断を行います。

日中一時支援事業

対象者

未就学~成人(稲城市・多摩市)

定員

一日概ね12名程度

事業内容

平日は学校後や、通所後などのお預かりを行っています。週末などは一日ご利用される方や、半日のご利用などご家庭やご家族の申し込みに合わせて受け入れを行っています。

1日の流れ

設定活動などは実施せず、室内での過ごし(テレビ、音楽、ゲームなどの余暇)をスタッフが見守っています。利用者の状況や過ごし方に合わせて近隣の散歩や、ドライブ、外遊びなども行います。
車いすの方も多く、排泄や食事、水分補給などの介助も行っています。

利用までの流れ

稲城市、多摩市での受給者証の取得が必要となります。お申し込み後に事業所に見学を申し込みんで頂き、事業の説明、利用希望者の聞き取り、契約を行います。
契約後はひと月毎に申し込み(前月の10~15日)頂き、20日にご利用の結果をお知らせいたします。空きがある場合は直前でのお申込みでもご利用いただけます。送迎については別途契約(年会費12000円)が必要となります。
ご利用希望が多いサービスですので、ご要望通りにお受けできない場合がありますので、ご了承ください。

短期入所事業

対象者

学齢期~成人

定員

1名

事業内容

「える」短期入所スペースでのお泊りとなります。食事は法人内施設への給食注文や、外食、お弁当の持参など、利用者に合わせて提供しています。

移動支援事業

定員

なし

事業内容

主に週末やお仕事がお休みの日の外出にスタッフが付き添うサービスです。カラオケやお買い物、博物館など、利用者のご希望に合わせて一緒にお出かけしています。

1日の流れ

利用者の希望に応じて2時間~半日程度の時間でご利用いただいています。

利用までの流れ

地域生活支援事業の受給者証取得後に利用契約が必要となります。
利用契約後に申し込み(前月の10~15日)、利用の決定は前月20日にお知らせしています。
ご要望の多いサービスですので、お受けできない場合もありますので、ご了承ください。

センター長からのメッセージ

【センター長】
兵頭慶一

地域生活支援センター「える」のセンター長をしております兵頭です。「える」は、元々はホームヘルプを中心として事業を開始しましたが、地域の要望に応える形で、短期入所や、日中一時支援事業、放課後等デイサービス事業など、提供サービスを増やしてまいりました。現在では全10種類のサービスを提供しています。
小さな事業所なので、一つずつのサービスの提供できる量は決して多くありませんが、他の事業所とも連携しながら、地域で暮らす方たちの生活をサポートしていきたいと思っています。

事業所一覧へ

地域生活支援センター「える」

〒206-0802
東京都稲城市東長沼1559 LaVie東長沼
電話:042-379-8461

【開設年月日】
2004年(平成16年)4月1日

【電話受付日時】
10時00分~19時00分

■居宅介護
【開所日時】365日 24時間
【休業日】なし

■日中一時支援事業
【開所日時】月曜日~日曜日 9時00分~18時00分
【休業日】毎月第1・3土曜日、年末年始

■放課後等デイサービス
【開所日時】月曜日~土曜日 学校終了後~17時30分
※休校の場合 10時00分~17時00分
【休業日】日曜日、年末年始、お盆、春休み

※その他、スタッフ研修のため、お休みになる場合がございます。
詳細については、その都度ご連絡ください

【アクセス】
《電車で》
JR南武線稲城長沼駅から 徒歩15分
京王線稲城駅から 徒歩20分

ご意見や苦情について

当事業所、ご契約中の方はオンブズマンへの相談も受け付けています。