ホーム > 事業所 > 中野区立弥生福祉作業所

中野区立弥生福祉作業所

就労移行支援・就労継続支援B型・生活介護・指定特定相談支援事業

〒164-0013
東京都中野区弥生町4-36-15
電話03-3384-2939

中野区の指定管理者として、平成26年度より開所!!

正夢の会が平成26年度より中野区から指定管理を受け、開所いたしました。

日々の作業では、一人ひとりが力を発揮し、仕事への意識や喜び、充実感を得られるように支援しています。

作業内容

就労移行支援:定員10名

一般企業への就職をめざし、就労に必要なスキルや生活力を養います

就労継続支援B型:定員45名 (自主生産、受注作業)

利用者の方それぞれに合わせて、自主生産品の作成や受注作業をとおし、就労意欲の向上をめざします

生活介護:定員20名

仕事や文化・社会活動を通して地域での自分らしい生活を支えます。

自主生産品

和紙カードケース
和紙トレー
祝い箸
刺し子ふきん
ボールペン
乾燥糸こんにゃく

開所日時

曜日:月曜〜金曜
時間:9:00〜16:00

その他

建物の1階が児童館にもなっており、地域の方々が気軽に立ち寄れる場所です。
11月には児童館と協同で「デュオフェスティバル」も開催されます。
ぜひ、気軽に足を運んでみてください♪

奥秋征人施設長からのメッセージ

奥秋征人施設長写真

 中野区立弥生福祉作業所は、昭和62年に開設されました。長らく区直営で運営してきました。平成26年4月より当法人が指定管理を受け運営しています。
南中野児童館や学童クラブと併設で鉄筋コンクリート造地下1階地上3階建の建物です。2〜3階部分が弥生福祉作業所です。夏休みはその特色を活かし小学生のお仕事体験も行っています。
事業は生活介護、就労継続支援B型、就労移行支援を行っています。設立時は通所授産施設だったこともあり、すべてのサービスで生産活動を行っています。生活介護は、仕事と文化活動等のサービスをバランスよく提供しています。就労継続支援B型では、企業からの受注加工作業等を通じ就労支援の切り口で、利用者のエンパワメントを築き自尊心を高めるとともに、工賃の向上に取り組んでいます。就労移行支援では、利用者の「企業で働きたい」という夢を実現できるようサポートしています。一人ひとりのニーズに沿った支援の提供を心掛けています。

「中野区立弥生福祉作業所」地図

 

【電車で】

東京メトロ丸の内線
中野富士見町駅下車 または
中野新橋駅 下車 徒歩10分