ホーム > 事業所 > コラボいなぎ いなぎこども発達支援センター

コラボいなぎ いなぎこども発達支援センター

児童発達支援事業・稲城市療育相談・療育体験事業

〒206-0822
東京都稲城市坂浜1029-1
電話042-313-5001

いなぎこども発達支援センターは、心身の成長や発達に遅れや偏りのあるお子さんが通園します。安心して過ごせる環境を作り、日々の活動を通してお子さんの心身の成長・発達を促します。
お子さんも、ご家族も、ひとりひとりが地域の中で豊かな暮らしができるようサポートしていきます。

いなぎこども発達支援センター 概要

開設 平成18年12月1日
職員 管理者 児童発達支援管理責任者
保育士、言語聴覚士、臨床心理士、臨床発達心理士、保健師、音楽講師等

各事業概要

児童福祉法 児童発達支援事業

定員: 10名
利用対象: 心身の成長や発達に遅れやかたよりがあるこども
2歳児〜5歳児
利用: 児童福祉法に基づくサービスです。ご利用いただくために在住区市町村が発行する「受給者証」の取得が必要になります。
  • 利用開始前に児童福祉法による介護給付費支給申請による認定調査が必要です。
  • 身体障害者手帳や愛の手帳の有無は問いません。医師または専門職の意見が必要となります。
個人の利用時の状況・様子など相談の上で利用回数を決定します。
費用: 児童福祉法サービスの為、利用料はグループ療育、個別療育ともに、利用料の保護者負担は1割負担となります。
また、ご家庭状況、収入に合わせた上限管理があります。
利用料の他におやつや、製作で使う物品など一部実費負担が発生します。

グループ療育
・平日クラス

対象児:3歳児〜5歳児
分離通園(お子さんのみの通園)、異年齢クラスです。送迎サービスがあります。

遊びや音楽、製作、運動などの活動を通して、心身の発達を促します。スタッフやこども達同士の関わり合いの中から社会性の育ちや言葉や物のやりとり等コミュニケーションの育ちを促していきます。また、食事、排泄、着脱などの生活習慣の自立をめざし、豊かな育ちへの支援をしていきます。


グループ編成
グループ名 開催日 利用児数 主な対象
にじ組 月〜金曜日
9:30〜13:30
6〜7名 3〜5歳児
単独通園・併行通園
おひさま組 月火木金
9:30〜13:30
6〜7名 3〜5歳児
単独通園・併行通園

※併行通園とは、幼稚園や保育園に通いながら、いなぎこども発達支援センターのグループ療育を利用することをいいます。


・土曜日 2歳児クラス (たんぽぽクラス・チューリップクラス)

対象児:2歳児
親子通園です。送迎サービスがあります。
定員:6組
頻度:水曜日
関わり方や、言葉の成長などが気になるお子さんを対象とした少人数の親子通園クラスです。
お子さん同士の関わり合いや遊びを通して、お子さんの成長を一緒に見ていける場になればと思います。

内容:体を使った遊びや、手先を使った遊びなど、お子さんの成長に合わせて親子で楽しめる活動を行います。お子さんへの関わり方などご相談にのります。



個別療育
・言語療育

(最大月1回までの登録となります)
1回 60分

ことばやコミュニケーション・発音や話し方に遅れや、つまづきのあるお子さんに対してことばや発音の練習やコミュニケーションの支援を行います。



○主な指導内容○

  • 物を見比べる力や操作する力を促します。
  • 語彙を増やして文章の理解や表出を促します。
  • 大小や色、数などの概念の獲得を目指します。
  • 読み書きの力を促します。
  • 構音の発達を促します。
  • スタッフとのやりとりの中でことばを使う力を促します。
  • ことばの基礎となる口の動きとして摂食の練習、助言を行います。

点線

・心理療育

(最大月1回までの登録となります)
1回 60分

発達についてつまずきのあるお子さんに、認知、言語、コミュニケーション、対人関係などの支援を行っていきます。お子さんの興味を引き出し、芽生えのスキルに対してアプローチをします。また、お子さんの気になる行動を、どう理解し、対応していけばよいのか、そのポイントを保護者の方と一緒に考えます。



○主な指導内容○

  • お子さんの発達特性、興味関心、幼稚園・保育園や家庭での様子などから、具体的な支援・指導の内容を決めていきます。
  • 活動を通して、できた!わかった!という達成感が持てるようにすることを大切にします。
  • 毎日の生活で、お子さんやご家族が、困っていること、気になっていることなどについて、どう理解し、どう対応すればよいか、保護者の方と一緒に考えます。


児童福祉法 放課後等デイサービス事業

小1フォローアップ 個別療育

未就学時に児童発達支援事業を利用していた方のみを対象として、小学校1年生までフォローアップ個別療育をご利用頂けます。

療育相談事業

お子さんが日常生活を送る上で、成長や発達について気になることについて保健師・小児神経科医師による相談事業を行っております。お子さんへの関わり方や環境の整え方、必要に応じて地域の中にある療育・福祉サービスの紹介などの相談に応じます。
長期にわたる継続的な相談のときは他機関を紹介します。

相談員 保健師1回/週  小児神経科医師1回/2ヶ月
内容 ・保健師との面談、電話相談
・小児神経科医師との面談(事前に保健師との面談が必要となります)
・専門職による発達検査・面談
※事前にお電話でのお申込みが必要となります。

相談例
・ことばが遅い
・成長・発達に気になることがある
・お友達と上手に遊べない
・専門医療機関受診に関すること
・療育の利用についてのご相談など
利用対象 稲城市在住の18歳未満の方とその保護者
費用 無料

療育体験事業

療育を経験したことのない親子を対象に、その親子が必要な療育を体験することができます。療育を通してお子さんの抱えている問題について具体的な関わり方、より良い環境の整備などの助言を行います。

担当療育者 臨床心理士、言語聴覚士
内容 実際の個別療育を体験することができます。
※療育相談事業を通してのお申し込みが必要となります。
心理・言語療育それぞれ1回(50分)
ただし必要だと判断された場合は最大2回まで
利用対象 ・稲城市在住の中学生未満のこどもとその保護者
・過去に療育サービスを受けた経験がない
費用 無料

正夢の会「育ちの相談」

お子さんの成長や発達に対して抱える不安や問題について、専門職員を交えてご相談を受け付けております。
必要に応じて、地域の関係機関やサービスの紹介などをさせていただきます。

相談員 臨床心理士、言語聴覚士、保育士など
内容 事前に電話での予約申込みをお願いします。
(1) 日常生活の相談
こどもの発達過程の中での悩み
気がかりな行動などについての相談と個別指導

(2) 子育て相談
こども自身のさまざまな問題の他、家族が抱えている問題、子育て環境についての相談

(3) 就学についての相談
幼稚園、保育園との調整や就学へ向けての相談

・1回1時間
・発達検査を行う事もできます
・検査実施と、結果説明の2回分のご利用料と報告書作成費を頂きます。
利用対象 高校生未満のこどもとその保護者
※利用前のご相談は無料ですので、お気軽にご連絡ください。
費用 有料 ※詳細に関してはお問い合わせください。

村上愛美センター長からのメッセージ

村上愛美センター長写真

私達職員は、4つの支援を大切にし、こどもの『育ち』を支えるお手伝いをしています。
 @一人ひとりのこどもの発達に合わせて支援をする
 A人に伝えたい気持ちを育てる
 Bこどもが理解して行動できるように考える
 C遊びの中から社会性やコミュニケーションの育ちを支える
 4つの支援を通して、こどもの得意なこと・好きなことを見つけ出し、たくさんの「わかった!」「できた!」「もっとやりたい!」という気持ちに触れていきたいと思います。
私は、こどもの得意気になる顔が大好きです。
 発達のことで何か気になることがありましたら、お気軽にお電話ください。

コラボいなぎ いなぎこども発達支援センター地図

【電車で】

京王相模原線
「稲城」駅下車、2番バス停より
小田急バス「新百合ヶ丘駅(稲02/新05)」行き利用「天神前」下車、徒歩5分

(小田急新百合ヶ丘駅からの利用も可)

■時刻表(小田急バス時刻表案内ページにリンクします)